スレート瓦屋根のリフォームに必須な「縁切り」って?【鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・屋根リフォーム専門店外壁スタジオ滝の神】鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・雨漏り専門店

2022.05.21

こんにちは、鹿児島市・姶良市・日置市の外壁塗装専門店、外壁スタジオ滝の神です。

日本の住宅の屋根材として、最も一般的に使用されているのが【スレート瓦】です。

さて、このスレート瓦の屋根の施工の際、省いてしまうと後の不良につながりかねない”縁切り”という工程をご存じでしょうか。

 

ご自宅の屋根、綺麗に保ちたいですよね。

屋根の状態診断を兼ねて、屋根の塗り替え・リフォームを行われる方もいらっしゃるでしょう。

そこで、本記事ではそんな地味ながらも重要な縁切りの重要性について解説いたします。

 

是非最後までご覧ください。

 

縁切りとは?

縁切りとは、スレート瓦の塗装工事を行う際、屋根材の間の隙間を埋めるようにして固まった塗料を、工具やカッターなどで再度切り開き隙間を作る工程です。

一見すると必要性がよくわからない工程ですが、実は屋根材を長持ちさせるために欠かせない工程の一つなんです。

 

縁切りの必要性って?

 

雨漏り・屋根材の劣化の防止

 

縁切りを行う最大の理由が、雨漏りの防止です。

スレート屋根に降り注いだ雨水は、スレートとスレートのあいだを通り抜ける形で流れ出ていきます。

 

しかし、その際に屋根材の間の隙間が塗料で埋まっていた場合、本来隙間から排出される雨水が逆流する為、屋根内部に雨水が溜まり続ける事になります。

このように屋根内部に残った水分は次第に雨漏りの原因となっていくのです。

 

また、逆流した水分は、屋根の下地材やスレートを留める釘の合間にも流れ込み、腐食や結露の原因ともなります。

屋根下地剤や釘部分の劣化は、屋根の機能に様々に作用し、防水性能の低下や屋根部分の強度の低下などの悪影響を及ぼします。

 

縁切りを行う方法とは?

 

カッターや工具を使用する方法

縁切りを行う方法として一般的な方法の一つが、カッターや皮すきと呼ばれる工具を活用して縁切りを行う方法です。

塗装工程後のスレート屋根の間部分を、職人が一つ一つ切り開くことによって隙間を確保します。

 

昔ながら行われているポピュラーな施工方法ですが、人力による確認の上で行われる作業であり、かつ屋根という施工後の確認がしづらい部分であるため、職人の不手際などによる施工不良があっても発見が難しい事。

職人が逐一確認しつつ縁切りを行う事となるため人件費がかさむことなど、様々な要因により現在はこの施工方法を行う事が少なくなりつつあります。

 

タスペーサーを活用する方法

株式会社セイム公式ホームページより引用

カッターや工具による方法と入れ替わる形で一般化しつつある方法が、セイム社の発売するタスペーサーという工具によって縁切りを行う方法です。

これは、スレート屋根の屋根材同士の間にタスペーサーを挿入する事で予め隙間を作り、その上から塗装する事によって塗装工程の完了時に同時に縁切りを済ませるという工法です。

 

特に、塗装前の外壁材に事前に隙間を作り出して塗装を行う為、確認作業が容易で施工不良の防止に繋がる点。

事前にタスペーサーを挿入するのみで縁切り作業が完了する為、人工代の節約につながる点など、様々な利点があり、現在では縁切り工程のスタンダードとなっています。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

本記事が皆様の屋根リフォームの助けになれば幸いです。

 

外壁スタジオ滝の神は鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・屋根リフォーム専門店。

スレート屋根の塗装工事もお任せいただけます。

機会がございましたら、是非滝の神を御用命ください!

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

↓↓↓ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみませんか?↓↓↓

 

↓↓↓お悩みの方は、ショールームにご来店し施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

0120-100-615QUOカードプレゼントあり!

電話受付時間 9:00~18:00(年中無休で営業中)

↓↓↓施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご確認ください↓↓↓

 

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!