鹿児島市の創業47年リビングプラザ滝の神の外壁塗装ブランド「外壁スタジオ滝の神」
鹿児島市施工実績No.1 鹿児島市を中心にお家を長持ちさせる安心と信頼企業 外壁スタジオ滝の神お値打ち価格&ハウスメーカー並みの高品質塗装工事
初めての方へ
  • 工事の流れ・ハートフルサービス
  • 会社案内・7つの安心

滝の神の最新チラシ

 

外壁スタジオ滝の神の新着情報


  • 遮熱塗料って何?外壁塗装に使うメリットは?
    こんにちは!鹿児島市・姶良市・日置市の外壁塗装専門店、外壁スタジオ滝の神です。 塗装の見積もりを行う際、業者の方に遮熱塗料を勧められた事がある方も多いでしょう。   遮熱効果が期待できるのだろうなと想像はついても、他の塗料との詳細な違いや塗装に使うメリットがわからない…と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 本記事では、遮熱塗料がどのような塗料かについてや、遮熱塗料で外壁塗装を行うメリット・デメリットについて解説いたします。   是非、最後までご覧ください。   遮熱塗料ってどういう塗料?   一般的に遮熱塗料とは、太陽光(近赤外線)の吸収が少なく、効率的に太陽光を反射できるように設計された塗料の事を指します。 太陽光を反射する事により、太陽光に含まれる太陽熱の吸収を防ぎ、塗布面が熱を持つのを防ぐといった仕組みです。   さて、そのような性質を持つ遮熱塗料ですが、どのような仕組みで遮熱性を確保しているのでしょうか。 その秘密は、遮熱塗料に配合されている顔料にあります。   というのも、市販の塗料の大部分に含まれている顔料に黒を出すための顔料であるカーボンブラックというものがあります。 この顔料は、黒色をはっきりと出す際に重宝しますが、同時に太陽光を非常によく吸収します。   そこで、カーボンブラックの仕様量を抑える事により、太陽光の吸収を抑えた塗料。 それが遮熱塗料というわけですね。   遮熱塗料で塗装を行うメリット 室内温度の上昇を抑える 遮熱塗料で塗装を行った際のメリットとして最もポピュラーなのは、遮熱効果による室内温度の抑制でしょう。 住宅の環境などにも左右されますが、遮熱塗料によって塗装を行った場合、1度から3度ほどの室温の低下効果がみられます。   電気代の削減 室内温度の上昇が抑えられた副次効果として期待できるのが、空調費の削減です。 室温の定価効果に左右されますが、一般的な遮熱塗装の場合ですと、10~20%ほどの空調費の削減効果が見込まれます。   内壁の結露の予防 内壁の結露予防も遮熱塗料で塗装を行った際のメリットの一つです。 一般的に、内壁の結露は冬場、外気温によって冷やされた内壁と日光によって暖められた外壁の間に温度差が発生する事によって発生します。   遮熱塗料で塗装をおこなった場合、外壁が日光を吸収しない為通常の塗料と比較すると外壁と内壁の温度差が抑えられます。 そのため、劇的に内壁の結露が抑えられるのです。   まとめ いかがでしたでしょうか。本記事が皆様の外壁塗装の一助となれば幸いです。 外壁スタジオ滝の神は鹿児島市・姶良市・日置市の外壁塗装専門店。   遮熱塗料による塗装もお任せいただけます。 それではまた!

  • 外壁の劣化のサインって?
    こんにちは!鹿児島の屋根・外壁塗装専門店 外壁スタジオ滝の神です。 お家の外壁、綺麗なままで長持ちさせたいですよね。   外壁の寿命を延ばすためには、こまめなメンテナンスが重要です。 外壁の劣化のサインを見逃さず、劣化が見られ始めた段階で適切に塗装工事やシーリングの充填などを行うと、より効果的に外壁を綺麗な状態で保つことが出来るでしょう。   しかしながら、本ブログを読まれている方の中には、「外壁が劣化しているのか判断がつかない」「外壁の劣化のサインを知らない…」と思われている方も多いかと思います。 本記事はそのような方に向け、外壁のメンテナンスを行うべき時期や、外壁の劣化の見分け方について解説いたします! 是非最後までご覧ください。     目次 ・一般的なメンテナンスの目安は? ・外壁の劣化のサインとは? ・まとめ   一般的なメンテナンスの目安は?   一般的には、10年程を目安に外壁塗装等のメンテナンスを行うべきと言われています。 しかしながら、外壁の痛む速度は日当たりや立地など様々な条件によって変わります。 特に強い風雨や紫外線を受ける地域や立地、豪雪地帯などでは、比較的早く外壁が痛むため注意が必要でしょう。   更に環境的影響の他にも、塗装不良によって早期に塗装の剥がれが目立ち始める場合もあります。 そのため、外壁のメンテナンスの目安としては、塗装後10~15年を目安としつつ、塗装後の塗膜の状況や家屋の置かれている状況によって臨機応変に変更すると良いかもしれません。   外壁の劣化のサインとは?   チョーキング現象が発生している。   外壁の劣化のサインの一つとして、チョーキング現象の発生があります。 チョーキング現象とは、外壁の塗料の劣化によって表面の塗膜が剥がれ、顔料が粉状になって外壁に付着する現象です。   身近な例ですと、古いガードレールなどに触れた時、白い粉がベッタリと手についてしまった…という経験をした方も多いかもしれませんね。 手で触った際に、目の細かい粉状の物質が手に付着するか否かで判別できるため、外壁の劣化のサインとしては最も自己診断が容易です。   シーリングが劣化している   水密性を保つため、外壁と外壁の間を塞ぐために充填されるゴム材をシーリング(サイリング)といいます。 このシーリングですが、ゴム製の製品であるため、外壁材の中では劣化が比較的早い部材の一つです。   劣化のサインとしては、ひび割れや、弾力の消失が挙げられます。 特にひび割れは判別が容易であるため、時々注意深く観察する事によって比較的早期の劣化段階で対処が出来るでしょう。   外壁材のひび割れ 上記の二つと比べ、より深刻な劣化のサインとして挙げられるのが、外壁材のひび割れです。 外壁材のひび割れは、毛細管現象によって水分が外壁材に入り込むなど、外壁に深刻なリスクを与えかねない為、早期の補修工事が望ましいでしょう。   コケ・カビの発生 コケ・カビも外壁の劣化の重要なサインです。 身近に自生しているコケ・カビですが、放置すると次第に外壁を侵食し、外壁自体の持つ撥水性を失わせるなど様々な悪影響を及ぼします。   まとめ いかがでしたでしょうか。 この記事が皆さんの外壁塗装の助けとなれば幸いです。 外壁スタジオ滝の神は鹿児島市・日置市・姶良市の外壁塗装・屋根工事専門店です。 滝の神は外壁のメンテナンスもお任せ。安心・納得・感動の施工を行わせていただきます。 それではまた! .sbox { padding: 8px; background: -webkit-gradient(linear, left top, right bottom, from(#ddd), color-stop(0.25, #ddd), color-stop(0.25, white), color-stop(0.5, white), color-stop(0.5, #ddd), color-stop(0.75, #ddd), color-stop(0.75, white), to(white)); background: -moz-linear-gradient(-45deg, #ddd 25%, white 25%, white 50%, #ddd 50%, #ddd 75%, white 75%, white); background: linear-gradient(-45deg, #ddd 25%, white 25%, white 50%, #ddd 50%, #ddd 75%, white 75%, white); background-size: 4px 4px; } .sbox2{ background:#fff; padding: 15px; font-size: 14px; }

  • 下塗り塗料ってどんな役割?何が大事なの?
    こんにちは、鹿児島の外壁塗装・屋根塗装専門店、外壁スタジオ滝の神です。 突然ですが皆さん、「下塗り」というワードをご存じでしょうか。   店舗やインターネットで塗装の事について調べる中で、ふと耳にされたという方も多いかと思います。 外壁に色を付ける為の塗装である中塗り・上塗りを行う前に、下地として塗装を行う工程の事を下塗りと呼ぶのですね。   さて、ここまでご覧になられたお客様の中には、「下塗りって本当に必要なの?」「この工程を無くせば塗装費用をより安くできるんじゃない?」と考えられている方も多いのではないでしょうか。 しかしながら、この下塗りという工程、塗装工事を成功させるために必用不可欠な工程なんです!   本記事では、下塗り塗料の役割と、塗布を行わなかった場合のデメリットについてまとめます。 是非、最後までご覧ください!   目次 ・下塗り塗料の役割とは ・下塗り材を塗布しなかった場合のデメリット ・まとめ   下塗り塗料の役割とは?   1.上塗り・中塗り塗料の接着剤としての役割 下地塗料の役割の一つに、上塗り塗料を定着させる接着剤としての役割があります。 というのも、通常上塗り塗料自体には接着力が乏しく、単体では外壁に定着する能力がないためです。   下塗り塗料を上塗り塗料の間に塗布し、定着材としての役割を持たせることによってしっかりとした塗膜を作り出すことが出来るのです。   2.外壁の上塗り・中塗り塗料の吸収を防ぐ 一部の外壁材は、上塗り塗料を吸収しやすい素材で出来ている事があります。 そのような外壁材の上に塗装を行った場合、外壁が塗料を吸い込むことによって塗料が無為に浪費されるばかりか、塗膜も決して綺麗なものにはなりません。 そこで、外壁に吸収されづらい下塗り塗料で塗装を行う事によって、上塗り塗料が外壁に吸収されることを防ぎ、必要最低限の塗料で最良の塗装を行う事が可能になるのです。   3.下地を隠し、透けを防ぐ 時に、外壁材の色が強い色である場合、上塗り塗料の下から外壁の色が透ける可能性があります。 特に、上塗り材の色が、白や淡い色など隠蔽力の弱い色であった場合、この傾向は顕著です。   かといって、下地の色に塗装する色を左右されるというのは不本意ですね。 そこで、下塗り材の出番と言うわけです。隠蔽力の高い下塗り材外壁を塗りつぶし、その上に本命の上塗り材を塗布する事によって、外壁材の色に左右されることの無く、塗装を行う事がかのうになります。   4.塗装に付加価値を付与する 上塗り材と同様に、下塗り材に添加物を追加することによって、塗装に付加価値を付与することができます。 特に、防カビ・防さび剤や、遮熱機能などがポピュラーですね。   下塗り材を塗布しなかった場合のデメリット   1.塗装が長持ちしない 前項でも記載した通り、下塗り塗料は上塗り塗料の定着を助ける機能があります。 そのため、下塗り塗料を行わず、上塗り塗料の塗装を行った場合、塗膜の耐久年数は著しく下がります。   これは、中途半端に下塗りを行った際も同様であり、むしろ中途半端に塗布された下塗り塗料の塗膜が他の層を巻き込みながら剥がれる事で、塗らない場合よりも悪い状況となる事もしばしばです。   2.遮熱性能が下がる 下地塗料を塗布しない事によって、外壁材を構成する層が1層減少する為、熱伝導性が少々下降します。 折角長く使う外壁だからこそ、遮熱塗料による塗装を行う事により、家内の快適さを維持したいものですよね。   まとめ いかがでしたでしょうか。本記事が皆さんの外壁塗装の助けになれば幸いです。 それではまた!  

滝の神が手掛けた外壁リフォーム施工事例の紹介

外壁塗装工事内容

  • 塗料
  • 足場代
  • メッシュ
    シート代
  • 高圧洗浄
  • 下地補修
  • 下塗り
  • 中塗り
  • 上塗り
  • 工事保証
  • アフター
    フォロー

熟練の職人が3回手塗り仕上げ!外壁塗装メニュー

熟練の職人が3回手塗り仕上げ!屋根塗装メニュー

外壁スタジオ滝の神の充実の工事内容・工事の流れ
  • 足場組み
    1

    仮設足場を組んで、塗装の準備、飛散防止のメッシュシートで養生。

  • 高圧洗浄
    2

    高い水圧で壁の汚れを一気に洗い流します。

  • 下地処理、養生
    3

    窓やドア等塗料が付かないようしっかり養生。

  • 下塗り
    4

    塗料がしっかり付くように下地に合わせて下塗りを行います。

  • 中塗り
    5

    上塗りをより見栄え良くするためには、充分な中塗りによって、塗面を滑らかにしておきます。

  • 上塗り
    6

    いよいよ最終段階に入ってきました。正確な配合を絶妙なハケ・ローラーさばきでツヤと高級感ある壁によみがえらせます。

  • 足場撤去
    7

    最後に足場を撤去して完成です。

それなら外壁スタジオ滝の神はどんな感じなの?

鹿児島の外壁塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由

地域密着47年、リフォーム実績33,218件!! 理由 ①
せっかく外壁塗装・屋根塗装をしたのに「10年たたないうちに会社がなくなりアフターフォローを頼めない…。」とならないよう、健全で長生きな会社に頼みましょう。
お客様がイメージしやすいご提案で選ばれる!理由 ②
滝の神の経験豊かなスタッフは外壁塗装に関する知識が豊富。絶えず社内で情報共有しているため、お客様の最適なプラン、イメージしやすいご提案が可能です。
専属職人で高品質な塗装で選ばれる!理由 ③
滝の神の専属の外壁・屋根塗装職人さんが、私たちの意図を理解した上で塗りも一塗り一塗り手作業で塗ってくれます。だから、品質が高いのです。
工事費コミコミだから選ばれる!理由 ④
お客様に分かりやすくお求め安い価格で、納得して契約してほしいから、 滝の神の外壁塗装・屋根塗装は高く見えても工事費コミコミです。
経験値の多い外壁、屋根のプロが診断!理由 ⑤
外壁、屋根は見える部分が多く、素人が一目見てもわかりません、
そのため滝の神では、経験の多い外壁・屋根のプロがお家を丁寧に診断します。
安心の工事保証10年で満足度が高い理由 ⑥
保証書があると「いざという時」に非常に便利です。滝の神では、塗装工事が終わってからが、お付き合いの始まりだと考え、保証書をご提出しております。

選ばれる理由を更に詳しく

日置市 姶良市 鹿児島市 外壁スタジオ滝の神対応エリア 鹿児島市・日置市・姶良市 のお住まいのエリアまで電話一本で駆けつけます!
外壁塗装の相見積もり中の方へ

外壁スタジオ滝の神でリフォームされたお客様の声を紹介しています

  • 鹿児島市 K様 鹿児島市 K様

    【契約の決め手】

    外壁塗装の溶剤の種類 耐用年数を詳しく説明してくれたから。


    【お言葉】
    溶剤を油性にしたのもあり、塗装面が綺麗で
    住み心地はいいです。

  • 鹿児島市下田 M様 鹿児島市下田 M様

    【契約の決め手】

    家の近く。

  • 鹿児島市伊敷台 O様 鹿児島市伊敷台 O様

    【契約の決め手】

    見積りを出す時に訪問していただき、家周り、家の中とか、細かい所まで色々と相談し、
    良きアドバイスをしてもらいました。

    【お言葉】

    工事の途中、色々ありましたが、とても私たちの思いを組みとって対応していただき、
    ありがとうございました。
    リフォームした所、毎日気持ち良く、使っております。ありがとうございました。


外壁塗装専門店としてのプライドを持って 塗装の本質と向き合い、お家に塗料をベストマッチさせます。

初めまして。外壁塗装&雨漏り専門店外壁スタジオ滝の神の代表の有村信一と申します。

この度は、弊社塗装ホームページをご覧くださり誠にありがとうございます。

弊社の塗装専門ホームページをご覧くださっているという事は外壁塗装や屋根塗装をお考えの事と思います。弊社にご相談くださる方の中には「良い塗料でお金をかけずに塗装をしたい」という事を仰られる方もいます。しかしながら、価格が安い会社は塗料を規定以上に薄めたり、2度塗りで早く終わらせるといった手抜き工事を前提として見積りを行います。

このような事でお客様が損をしない工事を実現するために弊社外壁スタジオ滝の神ではお客様の外壁塗装で失敗したくないという想いを大切にして、お客様に通常の3倍以上の厚い塗膜を作り高品質な塗装を納得できる価格で提供します。ぜひ、弊社の塗装ホームページを隅々までご覧いただき、成功する塗装工事を実現して下さい。

何卒宜しくお願い申し上げます。

代表取締役 有村信一