外壁塗装のローラーってどう大事なの?【鹿児島の外壁・屋根塗装専門店 外壁スタジオ滝の神】鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・雨漏り専門店

2022.04.17

こんにちは!鹿児島の外壁・屋根塗装専門店 外壁スタジオ滝の神です。

皆さんは、外壁塗装を行う際、どのような方法で塗装を行うかご存じでしょうか?

 

外壁塗装を行う方法は大まかに分類して3つ、刷毛・吹き付け・ローラーです。

この中で、現在の外壁塗装の主流となっているのがローラー塗装です。

 

さて、そんなローラー塗装ですが、使用するローラーについて塗装の質が変化しうるという事をご存じでしょうか。

せっかくの外壁塗装、ちゃんとした知識をつけたうえで行いたいですよね。

 

そこで本記事では、ローラー塗装について解説いたします。

是非最後までご覧ください。

 

ローラー塗装とは?

ローラー塗装は、外壁塗装用のローラーに塗料を含ませ、壁面にコロコロとこすりつける事によって塗装を行う方法です。

刷毛塗装に比べ、より効率的に広い範囲を塗装できる事、それでいて吹き付け塗料のように飛散の心配や塗布された塗料の不足などが起こりづらい事など、様々なメリットがあったこともあり、近年では最も人気の塗装方法であると言えるでしょう。

 

さて、このローラー塗装ですが、塗装方法や状況に合わせて適切なローラーを使って塗装していく塗装方法なんです。

次項では、ローラー塗装に使用するローラーの種類について解説いたします。

 

ローラーの種類とは?

 

ローラー塗装に使用するローラーには様々な種類が存在します。

その中でも、外壁塗装において基本的な塗装などほとんどの場面使用されるのが羊毛ローラーです。

そして、羊毛ローラーでは対応できない特殊な状況の場合は、砂骨ローラーをはじめとした特殊なローラーによって塗装を行います。

 

羊毛ローラー

羊毛ローラーは、羊毛のような柔軟性のある繊維でできたローラーの総称です。

素材の繊維の柔軟性を活かし、凹凸のある複雑な外壁でも塗分ける事が出来ます。

 

均一な塗膜を作りやすく、職人の技術不足による施工不良を起こしづらいローラーです。

ウールローラーの中でも、毛の密度が低く多量の塗料を使った塗装に向いたハイパイルローラーや、しっかりと毛が編み込まれたウーブンローラーなど様々な種類があり、塗料によって使い分けることでより適切な塗装を行う事ができます。

 

外壁塗装を行う際に、最も活用するローラーがこのウールローラーであると言ってもいいでしょう。

 

砂骨ローラー

砂骨ローラーは、網目状の空洞が多く取られたローラーです。

空洞により一般的なペンキを含むことができない為、通常の塗装に活用する事は出来ませんが粘度の高い素材の塗布等に活用します。

 

砂骨ローラーで塗装した後はローラーの網目に沿った独特の模様になり、厚みのある塗膜に仕上がるため、モルタル外壁の上塗りなどに主に活用されます。

 

パターンローラー

塗装した後に模様を付与させるために使われるローラーです。

他のローラーと違い、塗料を含ませて使用する事はせず、砂骨ローラーなどによって塗られた塗材に軽く押し付けながら転がす事によって塗膜上に模様を作り出します。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか

本記事が皆様の塗装工事の助けになれば幸いです。

 

外壁スタジオ滝の神は鹿児島の外壁・屋根塗装専門店。

外壁塗装工事は是非滝の神までご用命ください。

 

それではまた!

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

↓↓↓ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみませんか?↓↓↓

 

↓↓↓お悩みの方は、ショールームにご来店し施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

0120-100-615QUOカードプレゼントあり!

電話受付時間 9:00~18:00(年中無休で営業中)

↓↓↓施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご確認ください↓↓↓

 

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!