外壁の膨らみ、対策すべき? 【鹿児島の外壁塗装・屋根塗装専門店、外壁スタジオ滝の神】鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・雨漏り専門店

2022.04.10

こんにちは!鹿児島の外壁・屋根塗装専門店、外壁スタジオ滝の神です。

外壁に膨らみが生じている所を発見されたことがある方も多いかと思います。

 

この膨らみ、原因は何なの?補修すべき?と悩まれている方も少なくないのではないでしょうか。

そこで本記事では、外壁の膨らみの原因と対策について解説いたします。

 

是非最後までご覧ください。

 

外壁の膨らみとは?

外壁の膨らみとは、外壁の表面に、画像のような数ミリ~十センチほどの水泡のようなふくらみが発生する現象です。

この外壁の膨らみですが、外壁塗装の塗膜によって作られた膨らみです。

 

外壁に塗布された塗料が、何らかの原因によって一部分剥がれが生じた結果生まれるのが、外壁の膨らみなのです。

 

外壁の膨らみ、何故発生する?

そんな外壁の膨らみですが、発生原因としては大まかに二つ考えられます。

 

・外壁塗装の塗膜の劣化

 

第一の理由として考えられるのが、外壁塗装によって塗布された塗料の塗膜が劣化したことが原因によるものです。

そのメカニズムとしては、以下のようなものです。

 

塗膜の劣化によって、塗膜表面にひび割れが生じます。

そのひび割れ内部に水分が入り込み、溜まり水蒸気になる事によって、塗膜を剥離する方向へと押し上げます。

 

これによって、塗膜の剥離が進行し、剥離した塗膜は水泡状に膨れるのです。

 

・外壁塗装の不備

 

第二の理由として、外壁塗装を行う際に、十全な塗装工事が行われなかったことによるものです。

例えば、塗装前の外壁の洗浄が不十分で合ったり、塗膜の感想が不十分であるなど、施工不良によって発生するものです。

 

施工不良によって十二分に外壁に食いつくことができなかった外壁は早期にひび割れを生じ、劣化した外壁同様に水分が侵入して外壁の膨らみが発生するのです。

 

外壁の膨らみを放置する事によるリスクは?補修の必要は?

 

外壁の膨らみを補修すべきか悩まれている方も少なくない事でしょう。

私から申させていただきますと、外壁の膨らみはすぐに補修すべきです。

 

何故なら、外壁にふくらみが生じているという事は、多かれ少なかれ、外壁塗装の塗膜が担っている防水機能等の防護機能に劣化が生じているという事に他ならないためです。

特に、防水機能の劣化は致命的で、一部の防水機能が消失しているという事は、その一部から侵入した水分が、外壁材自体を伝って他の部分の外壁材や、塗膜を劣化させるという事に他なりません。

 

そのため、外壁の膨らみを放置するという事は、外壁全体の寿命を縮めかねないのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

本記事が皆様の外壁塗装の助けになれば幸いです。

 

外壁スタジオ滝の神は鹿児島の外壁・屋根塗装専門店。

外壁の補修もお任せいただけます。

 

機会がございましたら是非外壁スタジオ滝の神までご用命ください。

それではまた!

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

↓↓↓ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみませんか?↓↓↓

 

↓↓↓お悩みの方は、ショールームにご来店し施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

0120-100-615QUOカードプレゼントあり!

電話受付時間 9:00~18:00(年中無休で営業中)

↓↓↓施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご確認ください↓↓↓

 

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!