通気工法って?メリット・デメリットは? 【鹿児島の外壁塗装・屋根塗装専門店外壁スタジオ滝の神】鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・雨漏り専門店

2022.04.04

こんにちは!鹿児島の外壁・屋根塗装専門店、外壁スタジオ滝の神です。

お家のサイディング、長持ちさせたいですよね。

外壁塗装などの修繕・補修はこまめに行っていた筈なのに、何故か外壁の劣化が早い…と悩まれている方も多いかもしれません。

 

その症状、実は、知らず知らずのうちに外壁と骨組みの中に入り込んだ水分が発生させているのかもしれません。

外壁の内側に侵入した水分が結露する事によって、内側にある木材や固定の為の金具を腐食させ外壁の寿命を縮めてしまっているのです。

 

そんな外壁内側の腐食、対策できるなら対策したい!と思われている方も多いでしょう。

そこで、活躍するのが外壁通気工法です。

 

本記事では、外壁通気工法の施工方法やメリットについて解説いたします。

是非最後までご覧ください!

 

外壁通気工法とは?

外壁通気工法は建物の躯体と外壁の間に通気層を設ける事によって、外壁の内部に湿気や水分が溜まる事を防ぐ工法の事です。

これによって、外壁内部の結露を防ぎ、お家全体の寿命を延ばす事が出来ます。

 

外壁通気工法の一般的な施工法は、透湿防水シートという水は通さないが、湿気は通す素材によって外壁を壁を覆い、更に外壁と壁の間に通気層を設ける方法。

これによって、防水性能は保ちながら、外壁内側の湿気を循環させることができ、外壁内側を結露し辛い環境に保つことができるのです。

 

外壁通気工法、リフォームで施工できるの?

 

リフォームで、外壁を外壁通気工法の物に切り替える事は可能です。

まず、御自宅の外壁がサイディングの場合でしたら、張り替えを、モルタルなどの塗り替えを行う際、外壁通気工法用の施工を行った後張り替え・塗り替えを行う必要があります。

 

 

外壁通気工法のメリットとは?

外壁を長持ちさせることができる。

 

外壁通気工法を採用する事によって、外壁の内側から湿気を排出し、外壁の内側を乾燥した状態で保つことができるようになります。

すると、結露や、水分による腐食を防ぐことができるため、外壁やお宅の寿命を延ばす事に繋がるのです。

 

カビの繁殖を防ぐことができる

 

外壁内部に繁殖するカビは、健康被害の大きな要因として知られています。

そこで、外壁通気工法を採用する事で、内部のカビの繁殖を防ぐことができるのです。

 

外壁通気工法のデメリットとは?

施工費用が少しだけ高くなる

 

いわゆる直貼り工法と異なり、外壁通気工法は、通気口や防水吸湿シートの施工分、工数・必要資材が多くなります。

そのため、比較すると少々施工費用が直貼りの物より高くなる可能性があるのです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

本記事が皆様の外壁リフォームの助けになれば幸いです。

 

外壁スタジオ滝の神は鹿児島の外壁・屋根専門店。

外壁のリフォームもお任せいたします。

 

リフォームの際は是非、滝の神をご用命ください。

それではまた!

 

 

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

↓↓↓ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみませんか?↓↓↓

 

↓↓↓お悩みの方は、ショールームにご来店し施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

0120-100-615QUOカードプレゼントあり!

電話受付時間 9:00~18:00(年中無休で営業中)

↓↓↓施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご確認ください↓↓↓

 

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!