コーキングの割れ目、寿命について 鹿児島市の外壁塗装・屋根塗装専門店滝の神鹿児島市・姶良市の外壁・雨漏り専門店

2018.04.15

皆さんこんにちは、鹿児島市の外壁塗装・屋根塗装専門店の外壁スタジオ滝の神です。

今回は外壁のコーキングについてお話しします。

サイディング外壁の住宅には目地が設けられており、その目地にはコーキング(外壁シーリング)

が打ち込んであります。

家を塗装を検討されている際にはまず目地部分の状態も確認しなければなりません。

上の写真ではコーキングにヒビが入っており、左側の目地はコーキングが完全に取れ落ちていました。

この状態はコーキング材が劣化してきており打ち替える必要があります。

こちらの住宅ではコーキングと外壁の部分に隙間が出てきています。

この状態では外壁とコーキング材の接着強度が落ちてきている状態になります。

 

何れもコーキング材の劣化によるもので、防水性能は落ちてきています。

コーキングの目地から雨が侵入すると中の下地の水腐れやシロアリ発生の原因にもなります。

 

対策法としては今のコーキングを一度取り除き、新しく打ち替える場合が一般的です。

コーキングの寿命は約5~10年程(地域や日当たりにも左右されます)と言われていますので

外壁塗装を考えられている方はまず外壁の目地を確認してみては如何でしょうか?

 

今まで工事した施工例はこちらからアクセスください。

外壁塗装やコーキングの状態の問合せ、無料診断のご依頼などはこちらになります。

 

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!