外壁塗装の後悔しない色選びって?鹿児島市・姶良市・日置市の外壁・雨漏り専門店

2021.10.23

こんにちは!鹿児島市の外壁塗装会社、外壁スタジオ滝の神です。

外壁塗装を行う際、色選びに悩まれる方も多いのではないでしょうか。

 

折角安くはない金額を使って、お家を塗り替えるのですから、後悔はしたくないですよね。

しかしながら、実際の外壁塗装の色選びはトラブルがつきもの。

 

思っていた色合いと違った、汚れが目立つ色だった、周囲の景観と合わない…などなど、頭を抱えそうな要素が一杯です。

想像するだけで二の足を踏んでしまいそうですよね。

 

ご安心ください。本記事では、外壁塗装を行う際の色選びの方法について徹底解説いたします。

是非最後までご覧ください!

 

 

 

カラーサンプル&カラーシミュレーションを活用して色合いを想像する。

まず、塗料メーカーの提供するカラーサンプルや、カラーシミュレーションを活用するという事が外壁塗装の色決めでは有効です。

 

カラーサンプルは、選べる色のレパートリを瞬時に把握する事ができ、色決めを行う際のアイデアの源となってくれます。

また、一部の塗料メーカーは、御自宅の写真と選んだ色のサンプルを合わせ、実際に塗料を塗った場合のシミュレート画像を作ってもらえる為、塗装業者の担当の方に尋ねてみるのも良いでしょう。

 

また、カラーシミュレーションは、導入先の塗装専門店で塗装後のシミュレーションを行う事ができるため、より手軽に塗装後のイメージを掴むことができます。

カラーシミュレーションでどのような事ができるのかについては、以前の記事にて触れておりますので、そちらもどうぞご確認ください。

 

色相環を活用して理論的に色決め

色決めを行う際には、色相環を活用されるのもオススメです。

色相環と言うのは、下記のような色相を環状に配置した図形の事を指します。

 

色相環(カラーチャート))

 

どの色がどの色と似通った色か、どの色と対比する色かという事を簡単に判別する事が出来、外壁塗装に限らず色決めの際にはとても役に立ちます。

とはいえ、いきなり色相環を活用すると言っても活用法が理解できない…と考える方も多いかと思います。

 

そのような方にオススメしたいのが、補色色相配色と三色配色です。

まず、補色色相配色ですが、これは一色色を決め、色相環で真逆の色を選択するという選び方です。

赤色青色といったツートンカラーを選ぶ際に便利な活用法ですね。

 

そして次に三色配色ですが、これは色相環の中心点から正三角形を描き、その頂点に対応する色の組み合わせを選択する、といった配色方法です。

例えば このよう 配色パターンが三色配色なわけですね。

 

このような色相環を活用した配色全般に言えますが、色がごちゃつき、散漫な配色となり勝ちです。

そのため、1色派手な色を決め、それにそって地味な色を選択するといった工夫が大事となるでしょう。

 

機能性を重視したカラーに

デザインの優先度を下げ、機能性を重視したカラーリングにするのも賢い選択の一つでしょう。

特に、汚れが目立たないか、太陽熱の吸収を抑えられるかといった要素は、このようにカラーリングを選択する上で重要になります。

特に、汚れが目立たず、熱の吸収を抑えるベージュやグレー系の色は、人気の色合いとなっています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この記事が皆さんの外壁塗装の助けとなれば幸いです。

外壁スタジオ滝の神は鹿児島市・日置市・姶良市の外壁塗装・屋根工事専門店です。

滝の神はカラーシミュレーションや、カラーパターンなどを積極的に活用する工務店。しっかりとした協議のうえ、納得の上で色合いを選んで頂けます。

それではまた!

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!