ベランダが原因となる雨漏り事例 (鹿児島市・姶良市の外壁塗装専門店)鹿児島市・姶良市の外壁・雨漏り専門店

2020.05.21

☆☆ 鹿児島市吉野町で 外壁リフォーム・屋根塗装工事をご提案しています。 ”外壁スタジオ滝の神”から お役に立てる情報をお届けいたします。☆☆

 
ベランダが原因となる雨漏り事例

■屋根だけじゃないベランダも雨漏りの原因に

雨漏りは、ベランダが原因となって引き起こされる事があります。
ベランダが内部の天井や部屋に水滴が落ちる雨漏りの原因になるというのはイメージしにくいかもしれません。
ですが、ベランダは外側に独立して存在するのではなく、住宅の付属物として密着しています。
密着しているからこそ、雨を直接受けるベランダが原因で雨漏りにつながることがあるのです。
今回は鹿児島市のお住まいでも起こり得るベランダが原因の雨漏りとして、どのようなケースが想定されるのかをご紹介します。

■ベランダの排水口

ベランダをキッカケに雨漏りするケースとして、よくある原因がベランダに設置されている排水口の詰まりや不具合です。
ベランダは、屋根の有無を問わず、雨が入り込む場所なので、通常、雨水を流す排水口が設置されています。
ここに、土ぼこりや落ち葉などが詰まって流れが滞ったりなんらかの不具合を起こすと、雨漏りに繋がります。
小雨程度なら通しても、近年、鹿児島市でも増えているゲリラ豪雨や雷雨などにより、短時間に大量の雨水が排水口に集中すると、排水が間に合わなくなり、配管の水圧がオーバーフローします。
溢れた雨水が室内側に漏れ出し、1階の天井から雨漏りを引き起こしてしまいます。
補修方法としては、「改修用ドレンを設置して排水口の不具合を改善する」「水が1ヶ所に集中して溢れ出さないよう、樋管を迂回させる工事を施す」等が挙げられます。
家庭での対策としては、排水口が詰まらないよう、定期的にお掃除する事をお勧めします。
「ベランダがあるのに、ほとんど使うことなく放置しているご家庭」「掃除なんてしたことがないというご家庭」は特にご注意下さい。

■ベランダのシーリングや防水塗装の劣化にも注意

ベランダには部材との接合部から雨水が浸入しないようシーリングが施されています。
シーリングは年月が経つと劣化していきます。
ベランダは、紫外線や風雨の影響をダイレクトに受けるので、この劣化が進みやすい場所の1つです。
アルミ笠木とパネル外壁取合い部のシーリングが経年劣化により界面剥離したような場合にはシーリング打ち替えが必要となります。

ベランダに施されている防水塗装も年月により劣化し、機能が弱まってきます。

防水塗装の劣化は防水塗装のやり直しにより補修が必要です。

最後までお読み頂き、誠にありがとうございました!!

↓↓↓ご検討中の方はまず、無料で見積相談してみませんか?↓↓↓

 

↓↓↓お悩みの方は、ショールームにご来店し施工の原材料をチェックしませんか?↓↓↓

0120-100-615QUOカードプレゼントあり!

電話受付時間 9:00~18:00(年中無休で営業中)

↓↓↓施工後のイメージを知りたい方は、ほかのお客様の施工事例をご確認ください↓↓↓

 

もっと弊社のことが知りたい方はこちら
初めての方へ鹿児島の塗装専門店 外壁スタジオ滝の神が選ばれる6つの理由
それでも外壁のことがわからないとお悩みのあなたへ

まずはショールームへお越し下さい! 専門家に相談がオススメ!